「お役所仕事」という意味の英語表現をアニメ「となりのトトロ」英語版で解説!

「お役所仕事」

「事務的な対応」

という意味の英語表現を、となりのトトロ英語版を使って解説しますね!

今日の英語フレーズ 「bureaucratic mistake お役所仕事のせい」

(今日の英語フレーズはチャプター17から。病室で話をするお父さんとお母さん)

一時退院の予定が、風邪を引いたために中止になってしまったお母さん。

しかも、大した風邪ではないのに、病院が電報まで打って・・

大事になってしまった。

また子供たちに悲しい思いをさせてしまった

そんな風に、申し訳ない気持ちでいっぱいのようです。

そんなお母さんを、お父さんが励まします。

「It was simply a bureaucratic mistake. 単に(病院が)お役所仕事だったせいだよ。」

子供たちも分かってくれる。

そうお父さんは、お母さんを励まします。

スタジオジブリ「となりのトトロ」英語版

「bureaucratic お役所的な、事務的な」の解説

「bureaucratic」というのは

官僚的な、お役所的な、お役所仕事の

という意味の英単語です。

そこには官僚的な仕事に対する、「軽蔑感」がニュアンスとして含まれます。

それにしてもパッと見、

「長くて、発音が難しそう!」

な単語ですよね”(-“”-)”

この単語表記を、フォニックスの発音表記に変えるとこんな感じかな?

「bureaucratic」→「burocratic」

なんだ、難しそうに感じたの、「reau」の部分だけでした!

注:フォニックスというのは

「英語のつづり字と発音との間に規則性を明示し、正しい読み方の学習を容易にさせる方法の一つ(by Wikipedia)」

うーん、なにやら難しい。分かりにくい!

という場合は、こちらの「フォニックスについての記事」で ↓

「子供がたった1か月で!英語がめきめき上達してしまった方法」

「公文とフォニックスの共通点から導く「躓かない勉強のコツ」?」

「この成果が1年未満で!小学1年生の娘がフォニックスで習得したこと」

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ