「彼を落とすわよ!」恋愛でキメたい時の英語フレーズをドラマ「glee」で解説!

恋愛で「狙った相手を手に入れる」という意味の英語表現をドラマ「glee」のシーンを活用してお伝えします!

今日の英語フレーズ「 seal the deal (彼を)落とすわよ!」

Sponsored Link

(今日の英語フレーズは「glee」シーズン3、エピソード10から。)

チアリーディング部のキャプテンでスー先生の相棒(?)のベッキーが、新しい恋の相手を探していました。

ローリーはニヤニヤしてるし、ご飯食のマイク・チャンだと食事の趣味が合わないし・・

そうだ、アーティーなら最高!

同じようにハンディキャップがあるし(ベッキーはダウン症、アーティは車イス)

声がとっても素敵だから!

そこでベッキーは、アーティをデートに誘ったりと積極的にアタック。

とっても楽しいデートだったから・・アーティを自分のモノにすることに決めました。

「Here am I, Becky Faye Jackson, about to seal the deal. 私、ベッキー・フェイ・ジャクソンが、これから彼を落としますわよ!」

(ドラマ内での口調がクイーンズイングリッシュなので、女王様風の日本語にしました。)

「glee」Season 3, Episode 10

「seal the deal(狙った異性を)落とす、モノにする」の解説

Sponsored Link

「seal the deal」とは、もともと「契約を結ぶ」という意味の英語フレーズです。

それぞれの単語の意味は

「deal」・・「取引、契約、取り決め、協定」

「seal」・・「判を押す、捺印する、封印をする」

もともとは、とっても固い意味の英語フレーズなのです!

ところが別の意味として

「狙った異性をモノにする、落とす」

というものがあります。

この場合の「モノにする、落とす」とは、はっきり言うと「肉体関係まで持っていく」という意味。

上記のシーンのベッキーもアーティとそのつもりで、このセリフの直後に挑発的な写真を送っています。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ