「誘う」場面で使える英語表現をアニメで解説!

inviteask

「誘う」は辞書を調べると「invite」「ask」です。

でも実際に誘う時に使える英語フレーズは?

アニメ「魔女の宅急便」のシーンを活用して学んでみましょう!

今日の英語フレーズ Why not? We leave now! いいじゃないの!すぐ行こうよ!

(今日のフレーズはチャプター19から。落ち込むキキを連れ出そうとウルスラが誘うシーン)

魔法の力を失くして落ちこんでいたキキの元へ、ウルスラが訪ねてきました。

ウルスラは、キキが初めて宅配の仕事をした時に助けてくれた絵描きのお姉さんです。

キキは今の状況を、ウルスラに聞いてもらいます。

するとウルスラが、気分転換に出かけてみてはどうかとキキを誘い始めました。

「Why don’t you come and stay at my cabin? 私の小屋へ泊りに来なさいよ。」

そんなウルスラに、少し困惑した表情のキキ。

パン屋の仕事もあるし・・。

それに魔法の力のことも気になって、休む気になんてなかなかなれません。

それでもウルスラは、積極的にキキを誘いました。

「Why not? We leave now! いいじゃないの!すぐ行こうよ!」

そんなウルスラの勢いに負けて、キキも乗り気になってきました。

「誘う」時に使える英語フレーズ集

ウルスラはほんとに押しが強く、「Yes」を言わせるのが上手な誘い方をしますね!

ウルスラが使った誘い文句を、以下にまとめてみました。

提案するとき

上記のシーンで使われた「Why don’t you」以外にも「Why don’t we 」「Shall we」「Let’s」などがありますが、以下のようなニュアンスの違いがあります。

  • まだ何も決まってない時 Why don’t you, Why don’t we
  • 既に同意を得ている時 Let’s
  • Let’s のフォーマルな表現 Shall we

迷ってる時のダメ押し

誘っても、「え~・・どうしようかな・・?」と悩まれてしまったとき、ダメ押しに使えるフレーズが「Why not?」

「いいじゃない!」「何でダメなの?」という意味があります。

「ダメよ~、ダメダメ」「いいじゃないの~」というあのギャグも、英語に翻訳するとこれが使われるのでしょうか!?

強引に押し切るとき

最後にはキキの返事を聞かずに強引に押し切ったウルスラさん。

ウルスラのように強引に押したいなら、こんなフレーズが使えます。

  • We leave now! すぐ行こう!
  • Decide now! いま決めて!

とは言え、まだまだ知り合ったばかりの相手にこんな強引なことを言うと、引かれてしまうかもしれないので注意してくださいね。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ