アニメでマスター英語!「待っててね」「すぐ戻るよ」

illberightback

「すぐ戻るから、待っててね!」

日常会話でよく使うフレーズですが、英語での言い方を「魔女の宅急便」のシーンを活用して説明しますね。

今日の英語フレーズ Stay there. I’ll be right back. すぐ戻るから、待っててね。

(今日の英語フレーズはチャプター15から。キキがオソノさんに頼まれて、配達に行くシーン)

オソノさんから、コポリさんという人へ配達を頼まれたキキ。

出かけるためにジジを探します。

するとジジは、お隣の家の白猫ちゃんと仲良くお話ししているところでした。

そんな様子を、キキは微笑ましく見つめます。

「I’ll be right there! すぐ行くね!」というジジを止めて、キキはこう言いました。

「Stay there. I’ll be right back. すぐに帰るから、待っててね。」

せっかく仲良しの猫が出来たので、キキはジジを残して出かけることにしました。

近いのでキキは歩いて出かけることに。

たまには気分転換に、散歩するのも良いですよね。

「I’ll be right back」の解説

「戻る」はターミネーターの有名なセリフで「I’ll be back.」がありますから、知っている人が多いと思います。

「すぐに」という意味を付け加えたい時は、キキのように「right」を使えば良いです。

問題は、「待っててね」の英語訳。

「待つ」と言うと「wait」が頭に浮かびます。それに「stay」には直接的に「待つ」という意味はありません。

それでもこのシーンのように、「待っててね」と言う時に「stay」を使った方が良い場合があります。

二つの単語の意味の違いから、説明しますね。

「wait」の意味

何かが起こるまで、または順序や機会が訪れるまで待つ

「stay」の意味

そのままでいる。ある状態を保つ

—————-

「wait」と「stay」には、このような意味の違いがあります。

映画のシーンでは、キキはジジに「白猫ちゃんとそのまま楽しくお話ししていて欲しい」という思いが込められていたので、「待ってて」に「stay」を使いました。

これが違う状況で、「私が戻ってきたらすぐに出かけるから、ちょっと待っててね!」という時は、「Wait a minute, please!」と言った方がいいでしょう。

——————

恋愛で「僕を待っててほしい」と言う時は、「stay」を使うと良さそう。

「そのままのあなたでいて」という意味が込められますもんね!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ