漫画『宇宙兄弟』で使われた「Five by five.」という英語フレーズの意味は?

漫画「宇宙兄弟」を読んでいて、気になる表現を発見。

それは「聞こえてるよ。」というヒビトのセリフに読み仮名として加えられた

「ファイブ・バイ・ファイブ」

という表現でした。

初めて目にしたので「本当に使われるのか?由来は何?」ということについて調べてみました!

今日の英語フレーズ 「聞こえてるよ。Five by five.」

Sponsored Link

このフレーズが出てくるのは、漫画『宇宙兄弟』第5巻、97ページ!

宇宙へ飛び立つ目前のヒビトが、フライトプランをシミュレーションするシーンです。

本番通りにロケットに乗り込んだヒビトに、技術員たちがマイクを通じて話しかけます。

技術員「グッド ヒビト。こっちの声の聞こえ具合はどうだ?」

ヒビト「聞こえてるよ。(ファイブ・バイ・ファイブ)」

という感じ。

このカタカナを英語表記にすると

「Five by five.」

になるのですが、私は聞いたことがありませんでした。

調べてみると、こんな由来で「Five by five.」を「聞こえるよ。」という意味で使うそうです!

「Five by five. 聞こえるよ。」の由来

Sponsored Link

初め「five by five」をlongman英英辞典で調べたのですが、載ってなかったのでアルクweb辞典さんに聞いてみました!

それによると・・

five-by-five

< 俗 > はっきりと聞こえる、順調な

語源:軍隊のラジオのメモリの「大きさ」「明瞭度」が共に最高レベル(=5)だったことから。

とのことでした!

「聞こえるよ」というセリフは、遠くにいて通信機器などで連絡を取り合う時に使うと思います。

でも私はアメリカ人の方と何度かTV会議をしたことがあるのですが、「five by five」は聞いたことがありませんでした。

(相手が日本人の私だからかな?)

たいていは、「聞こえるよ」は「I can hear you.」「I can catch you.」を使っていました!

ご参考までに!

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ