アニメでマスター英語!「おごる」など支払いに関する英語表現

itsonme

デートに行ったら「今日はおごるよ!」ってかっこよく言いたいですよね。

英語で「おごる」の言い方を、魔女の宅急便のシーンを活用して解説します!

今日の英語フレーズ It’s on me. これは私持ちで。(私がおごるわ。)

Sponsored Link

(今日の英語フレーズはチャプター15から。熱が下がった朝の出来事)

雨の中配達をしてずぶ濡れになり、高熱を出してしまったキキ。

オソノさんのオートミールのおかげで、翌朝にはすっかり元気になりました。

窓から顔を出すと、そこにはオソノさんが。

「Come down later. I have a favor to ask you. 後で来てくれる?頼みたいことがあるの。」

キキは、オソノさんに用事を聞きに行きます。

聞くと、オソノさんはKoppori (コポリ)という人へ届け物をして欲しいということでした。

「Take this money. これが配達料よ。」

というオソノさんに、キキはお金をもらうことを断ります。

「Oh, no madame. No money. It’s on me. お金は結構です。これは私持ちです。」

でもオソノさんは譲りません。「Impossible. Work is work. ダメよ。仕事は仕事よ。」

キキとオソノさんのやり取りは、実生活でも使えそう!

Sponsored Link

「おごる」は「It’s on me.」の他にも、幾つか表現があります。

  • I’ll treat you.
  • I’ll buy you.
  • Let me pay.

これらの表現はすぐに覚えられると思いますが、どちらが支払うかについてのやりとりも難しそうですよね。

キキとオソノさんのようなやり取りは、実際によくある光景だと思います。

2人のセリフを頭に入れておくと、困らなくていいですよ。

お金の支払いに関するその他のフレーズ

  • 割り勘にする split the bill (Let’s split the bill. 割り勘にしよう)
  • 別会計にする separate checks ( Can we separate checks, please? 別会計に出来ますか)

デートでも仕事でも、お金の支払いがスマートな人は素敵に見えますよね!

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ