「とても深い哀しみ」の表現をとなりのトトロ英語版で解説!

「心の底からの苦痛」

「深い哀しみ」

を表現したい時の英語を、となりのトトロのシーンを活用してお伝えします。

今日の英語フレーズ 「The grief it must’ve caused all of you. みんなには本当に哀しい思いをさせたわね」

(今日の英語フレーズはチャプター17から。病室で会話するお父さんとお母さん)

猫バスの力を借りて迷子のメイを見つけたサツキ。

メイはお母さんの病院へ、トウモロコシを届けに行こうとして迷子になったと言います。

それを聞いた猫バスは、行き先をお母さんの入院する病院へ。

2人を乗せて出発します。

一方その頃、病院では。

お父さんがお母さんの様子を見にきていました。

お母さんは一時退院できなかったことを、とても気に病んでいます。

The grief it must’ve caused all of you. みんなには本当に哀しい思いをさせてしまったわね。

お母さんも、みんなの暮らすお家に早く帰りたいのです。

スタジオジブリ「となりのトトロ」英語版

「深い哀しみ、落胆」を意味する「grief」という単語

「grief」

「深い哀しみ、嘆き、苦痛、苛立ち」

などを意味する英単語です。

でも「哀しみ」を意味する英単語は他にもありますよね!

どのような違いがあるのか、それぞれどんな時に使われるのか、調べてみました。

「sadness」「sorrow」「grief」の違い

sadness

「sadness」は3つの中で最も幅広く一般的に使われる「哀しい」という意味の英単語

「なんとなく悲しい」というような、気分的な軽い悲しみの時でも使えます。

sorrow

「sorrow」は「sadness」よりも深い哀しみを表す。

親しい人の死による悲しみを表現する時にも使われる

grief

「grief」は喪失感を伴う深い哀しみを表現するために使われる。

親しい人の死はもちろん、悲劇的な体験によってもたらされた悲しみなど。

「哀しみ」の表現はこんな風に使い分けることが出来ます。

ぜひ頭にいれておいてくださいね。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ