赤ちゃんをあやす時に使える英語フレーズを「となりのトトロ」英語版のシーンで解説

「よしよし」のように、赤ちゃんや幼い子供をあやしたい時に使える英語フレーズをアニメ「となりのトトロ」英語版のシーンを活用してお伝えします。

今日の英語フレーズ「Hush. よしよし」

Sponsored Link

(今日の英語フレーズはチャプター15から。お母さんが死んでしまうことへの不安を爆発させるサツキ)

楽しみにしていた、お母さんの一時退院。

それなのに一通の電報が、サツキとメイを不安のどん底へ落としてしまいました。

子守のおばあちゃんは「ちょっと風邪ひいただけだよ」と言います。

でもそんな言葉、ちっとも慰めにはならないのです。

だって、入院した時も、ちょっと調べるだけだと言ったから・・

サツキは不安を抑えきれずに、おばあちゃんの前で大声をあげて泣きます。

「Hush. よしよし。」

おばあちゃんには、そういってなだめることしかできませんでした。

スタジオジブリ「となりのトトロ」英語版

「Hush よしよし」の解説

Sponsored Link

上記のおばあちゃんのセリフ

「Hush.」

は、「しーっ」「静かに」という意味の英単語です。

「静かにさせる」「黙らせる」という意味もあるので、

「Hush a baby」

と言えば「赤ちゃんをあやす」という意味にもなります。

この単語は実際に、子守やねんねの歌にも頻繁に使われています。

日本の子守歌で、

「坊やは良い子だ ねんねしな・・」

というフレーズがありますが、「hush」を使うと

「Hush-a bye, baby…」

となります。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ