「落ち着いて」という意味の3つの英語フレーズを「となりのトトロ」のシーンで解説!

「落ち着いて」という意味の英語フレーズには様々なものがありますが

アニメ「となりのトトロ」英語版

に、たくさんの「落ち着いて」という英語フレーズが出てくる場面がありました。

この場面を使って、一気にたくさんのフレーズを覚えてみましょう!

今日の英語フレーズ「落ち着いて」

Sponsored Link

(今日の英語フレーズはチャプター14から。サツキがお母さんの入院する病院から電報を受け取るシーン)

サツキとメイがおばあちゃんの畑で野菜を食べていると、おばあちゃんの孫のカンタが電報を持ってきました。

「至急連絡を」

という内容に、サツキが取り乱します。

You must be stay calm. 落ち着いて。

おばあちゃんがなだめてくれました。

サツキはお父さんの勤務する大学へ電話をすることにします。

Don’t panic, but go quickly. 急いで、でも落ち着いてね。」

おばあちゃんは念を押してくれました。

(場面は変わり、電話機のあるカンタの親戚の家)

お父さんに電話をかけるサツキですが、心配で気持ちがたかぶってしまいます。

電話を受けたお父さんはサツキを安心させるために落ち着いた声で、

「Whoa, whoa. Slow down. おやおや。落ち着いて。」

と声をかけます。

スタジオジブリ「となりのトトロ」英語版

それぞれの「落ち着いて」という英語フレーズの解説

Sponsored Link

サツキとメイのお母さんに緊急事態が起こったことを予感させる、上記のシーン。

「落ち着いて」という意味の英語フレーズが、3つも出てきました。

それぞれ伝わるニュアンスが違うので、一つずつ確認していきましょう!

「stay calm」の解説

「calm」は「冷静な、落ち着いた、穏やかな」という意味があります。

「stay calm」と言えば、「落ち着いた状態を保ってね」とい意味になります。

「Don’t panic.」の解説

「panic」は「慌てたりうろたえたり、わけがわからない」状態のこと。

「Don’t panic.」は、「慌てたりうろたえたりしないようにね。(するのを止めてね)」という意味。

「Slow down.」の解説

「Slow down.」には「落ち着いて」という意味の他に「速度を落とす、ペースを落とす」という意味があります。

焦って手当たり次第に行動している状態から「落ち着いてね」と言いたい時に使えます。

ぜひ、シーンを実際に観て、確認してみてくださいね。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ