「そんなバカなこと言わないで」という意味の英語表現をトトロ英語版で解説!

「そんなバカなこと言わないで!」という意味の英語フレーズを、となりのトトロ英語版のシーンを活用してお伝えします。

今日の英語フレーズ「そんなバカなこと言わないで!Don’t be ridiculous! 」

Sponsored Link

(今日の英語フレーズはチャプター11から。サツキとメイがカンタから借りた傘を返しにくるシーン)

下校中突然降り出した雨。

サツキとメイが困っていると、クラスメイトのカンタが現れて傘を二人に貸してくれました。

おかげで濡れずに家へ帰ることが出来た二人。

お父さんをバス停まで迎えに行きがてら、傘を返しに行くことにします。

「ごめんください。」

と声をかけると、カンタのお母さんが顔を出します。

サツキが、メイのお世話で迷惑をかけたことをまず謝ると、お母さんは大きな声で笑い飛ばしました。

Don’t be ridiculous! She was a treasure. そんなバカなことを言わないで!メイちゃんはかわいい子よ。」

スタジオジブリ「となりのトトロ」英語版

「そんなバカなことを言わないで Don’t be ridiculous!」の解説

Sponsored Link

ridiculous」とは

ばかげた、バカバカしい、おかしい

という意味の英単語です。

この単語を使って、相手が「本気に出来ないこと、途方もない事」を言ったときに

「そんなバカなこと言わないでよ~!冗談はやめてよ~!」

と言いたい時の英語表現

「Don’t be ridiculous」です。

この表現を使うときは、相手のことを本当にバカだと思っている訳ではなく、「真に受けてないよ」ということを示したい時です。

では本当に「バカだな~」と言いたい時の表現は?

「バカなこと」のバカさ加減によって使われる単語が変わるので、以下に挙げてみました。

怒り心頭なほどのバカさ加減に

Don’t be stupid.

憎めない、かわいいおバカさんに

Don’t be silly.

良識・常識外れのバカな行為に

Don’t be a fool.

単語によって伝わるニュアンスが変わるので、使うときはくれぐれも気をつけましょう!

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ