「そうでなければ」という意味の英語表現をトトロ英語版で解説

「そうでなければ」「そうしないと」という意味の英語の表現の仕方を、となりのトトロ英語版のシーンを活用してお伝えします。

今日の英語フレーズ 「早く行こう。そうでないと・・ We’d better walk fast, or・・」

Sponsored Link

(今日の英語フレーズはチャプター10から。サツキとメイの下校中のシーン)

サツキが授業を受けていると、おばあちゃんに連れられて、突然メイが学校にやってきました。

どうやらメイは寂しかったようです。

サツキはメイと一緒に授業を受けることにし、なんとか一日が終わりました。

今日は掃除もクラブのミーティングもキャンセルし、二人は下校します。

歩いていると、どんどん雲行きが怪しくなって、今にも雨が降りそうです。

We’d better walk fast, or we’re gonna get wet. 早く行こう。そうでないと濡れちゃう。

そう言ったのも束の間。

雨は一気に振り出し、サツキとメイは慌てて走りだします。

スタジオジブリ「となりのトトロ」英語版

「そうでなければ or 」の解説

Sponsored Link

「or」は英語を勉強し始めた人が、最も早い段階で知る英単語の一つですよね。

「Fish or chicken?」

「Dead or alive」(生死を問わず)

「To be or not to be」(生きるべきか、死ぬべきか)

など、よく耳にするフレーズにもたくさん使われています。

大体が「A or B」のように、選択の場面で使われています。

でも上記のサツキのセリフのように、「or」には「そうでなければ、そうしないと」という意味があります。

これと同じ意味で使われているのがハロウィンで使われる

「Trick or treat.」

というフレーズ。

「おかしくれなきゃイタズラしちゃうぞ。」という意味ですが、これはもともと

「Treat me, or I will trick you. 私をもてなしなさい。そうでなければあなたを困らせるよ。」

という文章になるのです。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ