「それは違うよ」という意味の英語をトトロ英語版で解説!

「それは違うよ。」と、相手の勘違いを訂正したい時に使える英語フレーズを、「となりのトトロ」英語版のシーンを活用してお伝えします。

今日の英語フレーズ That’s where you’re wrong. それは違うよ。

Sponsored Link

(今日の英語フレーズはチャプター9から。メイとサツキとお父さんが、トトロを探すシーン)

庭で一人遊んでいる時、トトロに出会ったというメイ。

メイが言っているトトロの住む穴を探して、サツキとお父さんは茂みの中を走ってみます。

でも、どんなに探してもトトロの住む穴は見つかりませんでした。

「信じてないんでしょ。」

と泣きそうな顔になるメイに、お父さんがこう言います。

「That’s where you’re wrong. それは違うよ。」

お父さんはメイの話しを信じていないのではないのです。

ただ、トトロに会える時と会えない時があると思っていると、伝えてくれるのでした。

スタジオジブリ「となりのトトロ」英語版チャプター9

「それは違うよ。 That’s where you’re wrong.」の解説

Sponsored Link

メイとサツキのお父さんが使った、

「それは違うよ。 That’s where you’re wrong.」

という英語フレーズ。

ドラマなどでも耳にしたことがある、よく使われるフレーズです。

相手の間違いを指摘したいときに使えるのですが、単に「You’re wrong. 違うよ」と言うのとはニュアンスが違って聞こえます。

「You’re wrong.」と「That’s where you’re wrong.」でニュアンスを大きく変えているのは、

「that’s where そこが」

と間違っている部分をきちんと指摘しているところ。

「you’re wrong.」だけだと相手を全否定しているように聞こえてしまいます。

でも頭に「that’s where」を付け加えることで、マイルドに・論理的に相手に説明することが出来るのです。


メイちゃんのお父さん、受容的なところはとっても良いお父さんですよね。

あまりに心が大きすぎて、メイちゃんのこともサツキちゃんのことも放置ぎみなところが、気になりますが・・

Sponsored Link

One Response to “「それは違うよ」という意味の英語をトトロ英語版で解説!”

  1. 私も東京オリンピックに向けて、少しずつ英語を勉強するつもりです。
    応援しておきました。ポチッ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ