「もう時間だよ」という意味の英語を「となりのトトロ」英語版で解説!

mustbetimetogo

「もう時間だよ!」

という意味の英語表現を、「となりのトトロ」英語版のシーンを活用してお伝えします。

今日の英語フレーズ Must be time to go! もう行く時間だ!

(今日の英語フレーズはチャプター7から。サツキとメイ、お父さんの朝の支度のシーン)

朝が来ました。

お父さんはサツキの声で起こされます。

起きていくと、すでに朝ごはんの支度を始めるサツキの姿がありました。

おまけにお弁当の支度まで進めて、お父さんは出る幕がありません。

サツキの作ってくれた朝ごはんをみんなで食べていると、外からサツキを呼ぶ声がします。

新しい学校で友達になった、みっちゃんだそうです。

みっちゃんの声を聞いて、サツキは慌てます。

Must be time to go! もう行く時間だ!

あっけにとられるお父さんとメイを傍目に、サツキはご飯をかきこんで外へ飛び出していきます。

スタジオジブリ「となりのトトロ」英語版

「もう時間だよ must be time to ○○」の解説

「もう時間だよ。」と英語で言いたい時。

サツキのセリフの「Must be time to go.」を活用することができます。

「must be~」は「~にちがいない」という意味。

「must be time to ○○」で、「○○をする時間だよ」という意味として使えます。

サツキのように自分に対して使ってもいいのですが、誰かに対してこんな風に使っても良いですよね。

Must be time to go to school. もう学校へ行く時間だよ。

Must be time to go to bed. もう寝る時間だよ。

ちなみに「must」は便利な単語で、語彙が少なくても会話を続けるのにとっても役立ちます。

私もいつも「must」のお世話になっています^^

こちらのページでも「must」について少し解説しているので、読んでみてくださいね。↓

「sound」の意味と使い方を英語版魔女の宅急便で解説

(「sound」も「must」と同じように役立つ単語です!)

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ