病み上がり「元気になった」の英語での言い方を「となりのトトロ」英語版で解説

looksbetter

風邪をひいた後や、病気になった後。

「もう大丈夫?」と聞かれた時の「元気になったよ」英語での言い方を、「となりのトトロ」英語版のシーンを活用してお伝えします。

今日の英語フレーズ お母さん、すごく元気になったみたい!

(今日の英語フレーズはチャプター6から。サツキとメイとお父さんがお母さんのお見舞いをした帰り道)

学校の田植え休みを利用してお母さんの病院を訪れた、サツキとメイとお父さん。

お母さんとの久しぶりの時間をみんなで楽しみました。

その帰り道。

3人で自転車をこぎながら今日のお母さんを思い出します。

「I thought Mommy looked a lot better. お母さん、すごく元気になったように見えたわ。」

サツキは安心したように言いました。

お父さんも、サツキの意見に同意してみんなを安心させます。

「もうすぐ帰ってこれるかも」とお父さんが言うのを聞いたメイは、「明日?」といってみんなを笑わせます。

スタジオジブリ「となりのトトロ」英語版

「元気になる better」の解説

英語で「元気」というと、「fine」や「cheer」が辞書で出てきます。

でも、風邪を引いたり体調を崩したあと、「もう大丈夫だよ。元気になったよ。」と言うのに簡単な英語表現が「となりのトトロ」にありました

それが上記のセリフで使われている「looks better」です。

「better」は「good 良い」の比較級なので、「前より良くなった」というニュアンスが伝えられます。

サツキのセリフでは、お母さんを指して「元気になったように見える」と言っているので「look」を使っていますが、自分を主語にして言う時は

「Much better. かなり元気になったよ。」

などと言えます。

注意点としては、繰り返しになってしまいますが、「better」は「前よりも良い」という意味があるということ。

だから単に「How are you?」と聞かれたときに「Much better.」と返事をすると、「何かあったのかな?」とかまってちゃんな印象を与えてしまいます。

本当に匂わせたくて使うのなら良いのですが^^

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ