「怖がる」の英語表現をトトロで解説!scaredとafraidの違いも!

scaredafraid

「怖がる」という意味の英語を、となりのトトロ英語版のシーンを活用してお伝えします!

今日の英語フレーズ Don’t be scared, Mai. 怖がらないで、メイ。

(今日の英語フレーズはチャプター4から。サツキとメイが2階に上ったシーン)

お父さんから2階の窓を開けてくるように頼まれたサツキとメイ。

部屋中あちこち探して、2階への階段が隠れている扉を見つけました。

扉を開けて階段を見上げると、中は真っ暗。

何かお化けがいそうな雰囲気です。

すると、2階からドングリが落ちてきました。

これは、何かいるに違いありません。

意を決して2階へあがり、部屋を見回してみました・・。

あれ?何もおかしなものは見当たりません。

Don’t be scared, Mai. There’s nothing to be afraid of. 怖がらないで、メイ。怖がる必要はないわ。」

そうは言ったものの、何だか変な感じは続いています・・。

スタジオジブリ「となりのトトロ」英語版 チャプター4より

「怖がる」と言う意味の英語「be scared」の解説

上記のシーンでサツキが「Don’t be scared. 怖がらないで」と言っていますが、「怖がる」を英語で「be scared」と言います。

もともと「scare」は(人を)「怖がらせる」「おびえさせる」という意味。

だから、「be scared」を使う時、何か外部にある「恐怖の対象・怖いもの」に脅かされているということを示しています。

「be afraid of」との違いは?

サツキが「Don’t be scared.」に続いて言ったセリフに、「be afraid of」というフレーズが入っています。

これも調べてみると「恐れる」という意味ですが、「be scared」との違いは何でしょうか?

明確に記述してある辞書は見つけられなかったのですが・・

「be scared」は先に書いたように、何かによって「怖がらされる」という意味があります。

それに対して、「be afraid of」は心の中で何かを「怖いと思うかどうか」を表しているのでは?と思います。

以下の文章を読んでいただくと、そのニュアンスの違いが分かりやすいかと思います。

「私は暗闇が怖い。」を英訳するとき・・

○ I ‘m afraid of dark.

× I’m scared of dark.

暗闇は積極的に人を怖がらせようとはしません。だけど、人によっては暗闇を「怖い」と思いますよね。だから、上記の場合「be scared of」が不自然で「be afraid of」が自然だと分かります。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ