要注意”maybe”の使い方を「となりのトトロ」英語版で解説!

maybenotukaikata

“maybe” といえば意味は「多分ね」。

だからといってどんな時も「多分ね」に”maybe”を使うと相手を不快な気分にさせることがあります。

そんな“maybe”の使い方を、アニメ「となりのトトロ」英語版を活用してお伝えします!

今日の英語 ”maybe”の使い方

(今日の英語はチャプター2から。サツキとメイが家の中でドングリを見つけるシーン)

サツキとメイが新しく引っ越す家の中を覗いてみると、なにやら光るものが。

拾ってみると「ドングリ」でした。

よく見るとあちこちに転がっています。

そればかりか、メイの頭の上からも降ってきました。

不思議に思うサツキとメイに、お父さんはこう言います。

「Some squirrels must have dropped them. リスが落としたんだろう。」

家の中にリスが住んでるの!?

子供たちは大喜びです。

でもイタズラ心たっぷりのお父さんは後からこう付け加えます。

Or maybe some other animal, perhaps a rat. それとも、他の動物・・ネズミかもしれないね!」

ネズミ!?全然嬉しくない!

子供たちはまた大騒ぎです。

スタジオジブリ「となりのトトロ」英語版 チャプター2より

“maybe”の意味と使い方

“maybe”は「多分、おそらく」という意味で、断定できない時やはっきりしない時に使うことができます。

さらに言うと「ほとんど確信も持てないし、答えに責任持てないよ」という時に使われます。

だからサツキとメイのお父さんも「ネズミかもね」と言ってるけど、その裏には「まぁ分かんないけどね!」という適当な気持ちがあるのです。

“maybe”を使ってはいけない時

先に書いた通り、”maybe”は確信が持てない時、かなりあやふやな時に使います。

だから「今日の飲み会来る?」のように当然決まっているであろうことを聞かれた時に”maybe”を使うと「真面目に考えていない。自分のことなのに無責任」という印象を与えてしまいます。

日本人がよく言う「多分行くよ」は、ほぼ確実に行くという場合が多いですよね。

そんな時はmaybeではなく”probably (ほぼ確実に)多分)”を使って答えるようにしましょう。

< ご参考 > こちらのページにも、関連する情報が載っています ↓

「Today is the day!魔女宅で英会話勉強今日からスタート」

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ