「くしゃみ!」に関わる英語を「トトロ」のシーンで紹介

sneeze

「くしゃみ」に関わる英語表現を、アニメ「となりのトトロ」のシーンを活用してお伝えします!

今日の英語フレーズ Achoo! (くしゃみの音:ハクション!)

(今日の英語フレーズはチャプター2より。サツキとメイが新しい引っ越し先に着いた後)

サツキとメイの一家は、お父さんと新しい家に引っ越してきました。

でも「新しい」引っ越し先とは言え、家はとんでもないボロ屋。

柱も腐っていて、まるでお化け屋敷のようでした。

それでもサツキとメイは怖がるどころか、大喜びです。

大騒ぎで広い庭中を走り回ります。

走り回っているうちに、森の中に大きな木を見つけました。

サツキとメイは2人で木を見上げ、驚いています。

「That got to be the biggest tree ‥あれは一番大きい木・・」

サツキがそう言いかけると、メイが隣で大きなくしゃみをしました。

「Achoo! ハクション!」

スタジオジブリ「となりのトトロ」英語版 チャプター2より

「Achoo!」が「ハクション!」なら、「くしゃみ」は英語で?

日本では「ハクション!」と言いますが、アメリカではこの音を「Achoo!」と言います。

また、「くしゃみ」は英語で「sneeze」(動詞も名詞も)です。

例) 私がくしゃみをした。 I sneezed.

でも実生活では、ハクションの言い方やくしゃみの英語での言い方より、くしゃみをした後の「こんなこと」に対して対応に困ったりしませんか?

くしゃみの後の「Bless you!」なんて言ったら、いいの・・?

欧米人の方の前でくしゃみをすると、よく「Bless you!」と言われませんか。

初めて言われると、何て言ってよいのやら・・

笑ってごまかしたり、聞こえていないフリをしてしまいます。

調べてみると「Bless you!」は、「神のご加護がありますように」という意味で、中世ヨーロッパの言い伝えからくしゃみをした人に言うようになりました。

中世ヨーロッパでは、「くしゃみをすると魂が抜けて悪魔が入り込む」と言われていたのだそうです。

そんなことが起こらないように、「Bless you!」と声をかけるのですね。

だから「Bless you!」はあなたの健康への気遣いです。

声をかけられたら、「Thank you.」と返事をしてみましょう。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ