「どうしても」という意味の英語をジブリアニメで解説!

insist

どうしても」という意味の英語表現を、アニメ「魔女の宅急便」英語版のシーンを活用してお伝えします。

今日の英語フレーズ She was really very insisted. 彼女がどうしてもと言っているの。

(今日の英語フレーズはチャプター21から。キキがウルスラの小屋で休みを過ごした後、オソノさんへ電話するシーン)

空を飛ぶ力を失くしてしまったキキは、ウルスラ(絵描きのお姉さん)のアドバイスに従ってウルスラの小屋へ遊びに来ました。

そこで不安な心の内をウルスラに聞いてもらい、キキは少しすっきりします。

魔法の力が戻るのを信じて、気分転換をしながら待つことに決めたのです。

ウルスラの小屋でたっぷり休んだ後、キキはこれから帰ることをオソノさんへ伝えます。

オソノさんは、キキが電話をすると喜んでくれました。

ところが少し困った話しがあると言うのです。

聞くと、以前孫へパイを届ける依頼をした老婦人が、キキにどうしても届け物を頼みたいとのこと。

今は休んでいるというのに、全く聞いてもらえないそうなのです。

She was really very insisted. What are you thinking? 彼女、どうしてもと言うの。どう思う?」

それを聞いたキキは、どうしてもというのならと、帰りに老婦人の家へ寄ることにしました。

(上記の英語表現は、was が要らないように感じますが、私が聞こえたとおりに書いています。)

「insist」の意味と使い方

「insist」は、「要求する、(反対されても)強く主張する」という意味の英語です。

口語的に訳すと、上記のシーンのように「どうしてもと言う」と訳せます。

「insist」を使った文章の作り方

thatを使う時

「that」を使ってあなたの主張を伝える時は、こんな風にします。

I insist that Kiki should come. どうしてもキキに来てほしい。

「that」の後ろには、「主語+should+動詞」が来ます。

「should」は省略されることもありますが、そんな時でも「should」があるつもりで動詞は原型のままです。

onを使う時

「on」を使う時は、こんな風になります。

I insist on Kiki’s coming. どうしてもあなたに来てほしい。

「on」の後ろには、「してほしい事、物」が入ります。

名詞もしくは動名詞を置かなければいけないので、上記のような表現になります。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ