使える英語フレーズを魔女の宅急便で解説「would・・if」

wouldif

 

今日紹介するのは、「would・・if」を使った「もしも」の文章の作り方について。

私もよく分からなくなってしまうので、「would ・・if」の使い方をおさらいしてみたいと思います。

今日の英語フレーズ Everybody would be excited if you came.

(今日の英語フレーズはチャプター12から。トンボがパーティへの招待状を持ってくるシーン)

キキがパン屋で店番をしていると、そこにトンボが現れました。

キキは何故だか、トンボに心が開けません。

今日も・・

トンボが話しかけてもそっけないそぶりで、目を合わせようともしませんでした。

だけどトンボは気にしない様子で、キキに招待状を渡します。

トンボが入っている「飛行クラブ」のパーティの招待状でした。

それを聞いたとたん、キキの反応がガラッと変わります。

「Everybody would be really excited, if you came.

君が来てくれたら、みんなすごく喜ぶと思うんだ。」

キキは、すっかり慌ててしまいます。

「would・・if」の使い方

「would」は色んな使い方で大変よく使われていて、使い方が分かりにくい単語の1つです。

今日は、その使い方の中でも「if」を併用した「もしも」の文章の作り方を解説します。

「would・・if」の文章の理解しにくい所は以下の2点だと思います。

この2点を理解して、使いこなせるようになりましょう!

would if の分かりにくい所

  • なぜ「will」ではなく「would」を使うのか
  • 「if」の後の文章はなぜ過去形なのか

「will」ではなく「would」を使う理由

「would」は、未来に起こる出来事が確実でない時に使われます。

上記のセリフ「Everybody would be really excited.」も、キキがパーティに来るかどうか分からないので、wouldを使用しています。

もしwillを使って「Everybody will be really excited.」とすると、キキがパーティに行くことが確実だという意味になってしまうので、キキが返事をしないうちは「would」を使います。

「if」の後の文章はなぜ過去形なのか

未来の出来事について予測しているのに、過去形を使うなんてしっくり来ませんね。

「if」の後の文章が過去形になるのは、同じ文章の中に「would」が使われているからです。

文法上は「would」は「will」の過去形ということになっています。

なので、「if」に続く文章も、「would」に合わせて過去形にするのです。

これは覚えるしかないですね (汗)

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ