場面別「気を付けて!」の英語表現をジブリアニメで解説

kiwotukete

「気を付けて!」と言えば英語で「Be careful.」を思い浮かべる方も多いのでは?

でもどんな場面でも「Be careful.」でいいのでしょうか。

場面別の「気を付けて」の英語表現をアニメ「魔女の宅急便」英語版を活用してお伝えします。

今日の英語フレーズ 気を付けろ!Watch out!

(今日のフレーズは、キキがオソノさんのパン屋さんで下宿を開始した翌朝のシーンから)

キキは自分の才能を活かした仕事として、「空飛ぶ宅急便」を思いつきました。

さっそくオソノさんに話すと、すごく良い反応!

おまけに、店番と引き換えにお店の電話まで貸してもらえることになりました。

しかも朝食付き!

「Osono, you are the greatest! オソノさんって、最高ね!」

いきなり物事がうまく回りはじめ、キキは絶好調です。

下宿先に借りたオソノさんの家の物置も、ピカピカに磨き上げました。

次は身の回りの物をそろえに、買い物に出かけます。

オソノさんの家から通りに出たキキ。

車が通ってこないスキを見計らって道を横断しようとしたはずが、Watch out! 気を付けろ!

車にひかれそうになり、運転手に怒られてしまいました。

「Be careful」だけじゃない「気を付けて」の英語表現

中学で習う「気をつけて」と言えば、「Be careful」。

だから、私も日本語で「気を付けて」と言いたい時にはいつでも「Be careful」を使えば良いと思っていました。

でも場合によっては「Be careful」が違和感をまねくことがあります。

そこで以下に「気を付けて」を表す3つの英語フレーズをご紹介します。

「気を付けて」の英語フレーズ

  • take care
  • be careful
  • watch out

それぞれ使われる状況が異なるので、覚えておきましょう!

take care

誰かとの別れ際に、「またね。さよなら。」の言葉の代わりに使います。あいさつ代わりに「お気をつけて~」と言う程度のもの。

be careful

何か明確に注意を払わなければいけない出来事や物、人などが予測される時に使います。例えば子供が出かける時に、「Be careful for car. 車に気を付けてね」と言います。

watch out

目の前に危険が迫っている時に使います。

上の「be careful」の例は車が危ないことを予測して「気を付けて」と言っています。

でも「watch out」の場合は、もう目前に車が迫っているときに使われるのです。

だからキキが車にひかれそうなシーンで「Be careful.」と言ったら違和感を生じてしまいます。

☆☆☆

上記の様に、同じ「気を付けて」でもニュアンスが違ってくるんですね。

覚えてぜひ使ってみてください!

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ