「sound」の意味と使い方を英語版魔女の宅急便で解説

okotteru

会話で使うととっても便利な「sound」という英単語。

この単語の意味と気の利いた使い方を、アニメ「魔女の宅急便」のシーンを活用してお伝えします。

今日の英語フレーズ You sound like my grandmother.

(今日の英語フレーズはキキが警官に呼び止められた後、トンボに助けてもらうシーンから)

せっかく警察から助けてくれたのに、キキはトンボに冷たい態度です。

話しかけても全く相手にしません。

でもトンボはそんなキキの態度に、腹を立てるどころか興味をそそられたみたい。

「You are kind of old-fashioned. You sound like my grandmother. きみ古いね。僕のおばあちゃんみたいだ。

でもそんなこと言われて喜ぶ女の子なんていませんよね。

キキはトンボを振り切るために、角を曲がったところで飛び立っていってしまいます。

それを見てトンボは、さらにキキへの興味を掻きたてるのでした。

Sound の意味と使い方

外国人の人と話している時、一方的にネイティブのスピードでまくしたてられると何を話しているのか全然分からなくなります。

それでも何となく、話す様子から「嬉しそうだな」「疲れてそうだな」「大変そうだな」というのは察することが出来ますよね。

そんな時こそ「sound」の出番。

「sound」は「~に聞こえる」という意味で、相手の話しに共感する姿勢を示すことができます。

なんだか大変な仕事をしてるようだな・・と思ったら、「It sounds hard. 大変そうだね。」と言ってみましょう。

また、楽しそうな話しだったら、「It sounds fun!」と言ってみてください。

こちらが複雑な返事を出来なくたって、相手は話を聞いてもらえて感情を共感してもらえたら、満足してくれます。

must, look も同じように共感を伝えられる

soundと同じように、「must ~に違いない」、「look ~に見える」も相手の話しに共感したことを伝えるために使えます。

  • It must be great! それって絶対最高だよね。
  • You must be tired. 疲れたでしょうね。
  • You must be scared. 怖かったでしょうね。
  • You look happy. なんだか嬉しそう。
  • You look angry. 怒ってる?(私がよく娘に言われます・・)

感想を伝えたくても単語が出てこないとき、こんな風に共感出来たことだけでも伝えてあげたいですよね。

相手との距離を縮める「must」の使い方

また、mustは初対面の外国人の方とすぐに仲良くなりたい時にも使えます。

例えば話しに聞いていた誰かに初めて会う時、「You must be David. あなたがDavidね。」と使ってみてください。

そうすると、相手は「何だ~!僕のこと知ってるのか」って嬉しく思ってくれます。

「何で知ってるの?どんな風に聞いてるの?」という風に会話のきっかけにもなりますよ。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ