英語で自己紹介!ビジネスで好印象を与えるポイントをアニメで解説

akusyu

 

ビジネスでの初対面の挨拶は、第一印象を左右する重要な場面です。

相手が海外の方なら、自己紹介を英語で言えるようにしておくのはもちろんのこと。

ボディーランゲージにも気を配る必要があります。

そんな、ビジネスシーンで良い印象を与えるために必要な英語での自己紹介のポイントを、アニメ「魔女の宅急便」のシーンを使って解説します!

やっぱり初対面は笑顔が大事! Smiles, and we can make a good first impression.

Sponsored Link

(今日の解説は、キキとジジが初めて海辺の街に到着したシーンから)

キキとジジは、魔女の修業をする場所を海辺の街に決めました。

いよいよ上陸です!

キキは誇らしげにホウキで飛びながら地上に近づいていきます。

きっと街の人々は魔女を見るのが初めてだったのでしょう。

道行くみんながキキを眺めて立ち尽くします。

視線を感じながら、キキはジジにこう言いました。

「Smiles, and we can make a good first impression. 笑顔よ!第一印象には笑顔が大事なんだから!」

だけどこの直後、事態は一変します。

人々の視線に気を取られていたキキは誤ってバスと衝突しそうになり、大騒ぎを起こしてしまうのです。

ビジネスシーンで第一印象を左右するのは「笑顔」と「握手」

自己紹介というと英語の文章を用意することに囚われがち。

ですが、それと同じくらい印象を左右するものがあります。

それが、「笑顔」と「握手」です。

「笑顔」で友好の気持ちを、「握手」でビジネスマンとしての信頼感を与えることができます。

いかに言葉を用意していっても、この二つが欠けると「親しみにくく頼りにならない人」という印象を与えてしまいます。

日本人は握手をする習慣が無いため、手を差し出されるとしり込みをしてしまいますよね。

実はそれは「自信のなさ」や「拒絶」として受け取られてしまうのです。

仕事の出来るビジネスマンらしい握手の仕方は、「しっかりと握り一度軽く振ってすぐ手を離す」。

気になる方は、外国人の方や英会話スクールの先生にビジネスマンらしい握手の仕方を聞いてみると良いでしょう。

異文化理解のセミナーなどでも教えてくれます。

仕事に関わる自己紹介は絶対にマスターすること!

Sponsored Link

さて、「初めて海外に出張することになった」という方は、必ず自己紹介だけは英語で暗記しておきましょう。

自己紹介といっても、名前や部署名だけではいけません。

あなたが担当する仕事や責任を持つ範囲、これまでの経歴など、出来るだけたくさん具体的に英語で説明できるようにしておくことが必要です。

それだけで、「あなたが仕事の出来る人だ」という印象を与えることが出来ます。

また英語圏以外の国に行く場合は、現地語での「あいさつや感謝の気持ちの表し方」を覚えておきましょう。

現地の方に現地語であいさつをするだけで、歓迎の度合いが変わります。

——————-

海外での仕事は、第一印象が重要。

「この人物は重要人物ではない」という印象を与えてしまうと、相手にしてもらえないシビアな世界です。

以下の記事でも、自己紹介の重要性をお伝えしています。

「アニメで英語マスター!自己紹介が英語で出来る重要性」

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ