「大喜び」という意味の英語表現をドラマ「glee」で解説!

嬉しくて嬉しくてたまらない「大喜びしている」という意味の英語表現をドラマ「glee」のシーンを使って解説します。

今日の英語フレーズ「あんたのことで大喜びだよ!I’m over the moon for you!」

Sponsored Link

(今日の英語フレーズは「glee」season 1, episode 19 “Dream on”から)

地元の劇団のオーディションを受けるシュー先生。

そのライバルとして現れたのは、高校時代のグリー部の先輩・ブライアンでした。

(注:ブライアンはこの回でグリーの予算縮小と廃部のために登場。初めはスー先生と結託していた。)

ブライアンは歌うことから遠ざかっていましたが・・

シュー先生の説得で情熱を取り戻したようです!

スー先生にも、グリー部の存続を宣言します。

ところがその態度の変化に、ブライアンへ怒り爆発のスー先生。

「オーディションはシュー先生の勝ち」

ということをわざわざ告げに来て、ブライアンの前でわざとシュー先生を激励しました。

I’m over the moon for you!  あんた(シュー先生)のことで大喜びだよ!

glee, season 1, episode 19より

「be over the moon」の解説

Sponsored Link

「be over the moon」は、

「大喜びする、嬉しくてたまらない」

という意味の英語フレーズです。

「月も飛び越してしまうような、飛び上がるような嬉しさ」を表現しているんですね!

日本人も理解しやすい表現です。

ところが・・

このフレーズを喋っているスー先生は、全然嬉しそうに見えません。

仏頂面でいつもの調子。

シーンの解説にも書いた通り、わざと、皮肉で言っているのです。

本当は、ぴょんぴょん飛び上がるような、満面の笑みが似合うフレーズです。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ