レストランで使える英会話「〇〇抜きで!」を海外ドラマgleeのシーンで解説!

苦手な食べ物やアレルギーがある時、レストランでのオーダーに欠かせないセリフがあります。

それは

「〇〇を抜いてください」

「〇〇抜きで」

この英語での言い方を、ドラマ「glee」のシーンを活用してお伝えします!

今日の英語フレーズ 「トマト抜きで」

(今日の英語フレーズは「glee」Season 1, Episode 4 “Preggers”から。シュー先生が奥さんのテリと出産時の呼吸訓練を行うシーン・・)

妊娠中(のフリをしている)シュー先生の奥さん、テリ。

テリとシュー先生は、出産時に備えて呼吸法の訓練です。

でもそれを見ていたテリのお姉さん・ケンドラがいちゃもんをつけてきます。

「こうするのよ!」

と手を出してきそうなので・・

慌ててテリはシュー先生にBLTサンドイッチを頼みます。

するとケンドラも

「Make me one too, and hold the tomato! And the lettuce.

私にもね!トマト抜きで!レタスもね!」

BLTのL(lettuce)T(tomato)抜き・・

つまりベーコンのサンドイッチと言うことですね(;・∀・) 

「glee」Season 1, Episode 4

「〇〇抜き hold」の解説

「hold」というと

「持つ」

「開催する」

「hold on 持ちこたえる、待つ」

などの日本語訳が頭に浮かびます。

でもレストランで使えるこんなフレーズ

「〇〇抜きで!」

も、「hold」で表現することが出来るんですね!

上記のシーンのように「hold」の後に「入れないでほしい食材の名前」を言うだけで大丈夫。

これならアレルギーがあっても、海外でレストランに行くときに安心です!

☆☆☆

ちなみにこのエピソードのタイトル「Preggers」は「妊娠している」という意味。

妊婦のテリやクインを含めて、カートなど・・

本当のことを隠して苦しむ人たちがメインのエピソードです。

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ