約束の仕方は世界共通?”指切り”の英語表現をドラマ「Glee」で解説

pinkyswear

「指切り」の英語表現を、海外ドラマ「Glee」のシーンを活用してお伝えします!

今日の英語フレーズ 「指切りよ。 Pinky swear.」

Sponsored Link

(今日の英語フレーズは「Glee」Season 3, episode 22から。レイチェル、フィン、カートの3人が進学先の合格通知についてやりとりするシーン)

グリーの全国大会が終わり、いよいよ卒業。

その前に、レイチェルとフィン、カートの3人は、希望の進学先から合格・不合格の通知を受け取る予定になっています。

レイチェルとカートはニューヨークにある演劇学校を。

フィンは同じくニューヨークにある俳優養成学校を受験しました。

3人の結果はどうなるのでしょうか。

結果が不安なレイチェルは、2人にお願いをします。

「合格通知は、3人で音楽室で開けましょう。

指切りよ。Pinky swear.

そういって、2人と指切りしました。

「Glee」Season 3, Episode 22

「指切り Pinky swear」の解説

Sponsored Link

「指切りげんまん 嘘ついたら針千本 飲ます」

これは日本の「指切り」の歌ですが、約束をする時にする「指切り」は日本だけでなく、アメリカでも一緒なんですね。

調べたところによると、日本の指切りは江戸時代ごろからあるようです。

もともとは、遊郭の遊女が意中の相手に小指を切って贈り、愛情と誠意を示したことが始まりだとか。

それが大衆に「約束の時に交わすジェスチャー」として広まったのだそうです。

一方でアメリカでは、「pinky swear」という単語が辞書に載ったのは19世紀

日本の「指切り」が伝わったのでしょうか?

そのあたりは判りませんでしたが・・

日本だけでなく、中国や韓国、東南アジアでも約束の時に「指切り」をするようなので、どこかの国のものがアメリカへ輸出されたのかもしれませんね。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ