あなたこそ「運命の人」と言いたい時の英語表現を洋楽のフレーズで解説!

ロマンティックなシチュエーションで

「君こそ僕の運命の人だよ」

と伝えたい時にぴったりな英語フレーズを、エド・シーランのラブバラード「Perfect」の中から紹介します!

今日の英語フレーズ 「you were the someone waiting for me 君が僕の運命の人」

Sponsored Link

「運命の人」を英語で表現しようと思うと、どうしても

「『運命』という意味の英単語を使わなきゃ!」

という気持ちになってしまいませんか?

確かに、「運命」という意味の「destiny」などを使った表現もあるのですが、せっかくだから一歩進んで他の表現も試してみましょう。

今日紹介するのは、そんな「直接的に運命という単語を使わない」フレーズです。

このフレーズが使われているのは、エド・シーランの「Perfect」のAメロの部分です!

I found a love for me

僕は愛を見つけたよ

Darling just dive right in and follow my lead

ダーリン、ただ僕の元へ飛び込んできて、僕に任せてくれないか

Well, I found the girl, beautiful and sweet

見つけたのは、美しくてスィートな女の子なんだ

I never knew you were the someone waiting for me

君が僕を待ち続けた運命の人だったなんて、知らなかった

Ed Sheeran 「Perfect」

「you were the someone waiting for me 君が運命の人」の解説

Sponsored Link

先にも書いた通り、「運命の人」を

「he’s my destiny」

「he’s my soulmate」

などのように直接的に表現することもできます。

だけどこの曲のフレーズのような表現でも、「自分にとって特別な人」という意味は伝えられます。

もし機会があれば、ぜひ使ってみてくださいね!

(なかなか恥ずかしくて、言う機会は無いかもしれませんが)

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ