「手の甲」という意味の英語と、それを使った比喩表現を洋楽で解説!

「手の甲」という身近な言葉を、英語でなんと言うか知らない方も多いのではないでしょうか?

この記事では、「手の甲」という意味の英語表現をお伝えするとともに、この英語表現を使ったよく使われる比喩表現を、Keaneの「Somewhere only we know」のフレーズを活用してお伝えします!

今日の英語フレーズ「手の甲 back of my hand」

Sponsored Link

「手の甲」は英語で「back of one’s hand」と言います。

とっても簡単ですが、知らなかったという方も多いのではないでしょうか?

体の部位を細かく学校では習わないですもんね。

ではこの「手の甲 back of one’s hand」を覚えたところで、この表現を活用した比喩表現を洋楽のフレーズで勉強してみましょう!

「手の甲」という意味の英語を使った比喩表現

know … like the back of my hand (…をよく知っている)

この英語表現が使われている歌はこちら、Keane「Somewhere only we know」です。

どのように使われているのか、さっそく見てみましょう!

使われているのは、Aメロの部分です。

I walked across an empty land

I knew the pathway like the back of my hand

誰もいない大地を横切る

僕はこの道をよく知っているんだ

Keane「Somewhere only we know」

「know … like the back of my hand (…をよく知っている)」の解説

Sponsored Link

人間にとって「手の甲」は常に視界に入る体の部位。

だから

「know like the back of my hand 手の甲のように知っている」

と言えば、

「よく知っている」

という意味になります。

あまり素敵な比喩では無いように感じますが・・

国や文化によって、喩えるものが変わるのは面白いですよね。

☆☆☆

私がこの比喩を聞いて思い出したのが、中国の「老鼠愛大米(ラオシューアイダーミー)」というヒット曲。

意味は「ネズミは米を愛している」なのですが、曲の内容は

「ネズミが米を愛するように君を愛している」

というもの。

私は初め「これロマンティックな表現なの?」と思ったのですが・・

曲調はとっても甘い感じ。

中国人の知り合いの方は、自分の結婚式でこれを新婦さんのために歌ったと言っていました~

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ