「クソッタレ」という意味の英語や、それを使った「名言」を映画のワンシーンで解説!

英語には「クソッタレ」という意味の汚い単語もありますが、そんな単語も使い方によっては名言になったりもします。

この記事では、「クソッタレ」という意味の英語と、それを使った名言を、映画「フォレスト・ガンプ」のシーンを活用してお伝えします!

今日の英語フレーズ 「人生にはクソッタレなことも起こる。Shit happens.」

(今日の英語フレーズは映画「フォレスト・ガンプ」から。幼い頃からの友達で恋人だったジェニーが去った後、ひたすら走り続けるフォレスト)

幼いころイジメられていたフォレストを守ってくれた、幼馴染のジェニー。

フォレストはジェニーにプロポーズをしますが、ジェニーは彼の元を黙って去ってしまいます。

心に穴が空いたフォレストは、ジェニーを忘れるために北米大陸をひたすら走り始めました。

3年間走り続けるうちに有名人になっていくフォレスト。

彼と共に、大勢の人が走り始めるようになります。

ある時アドバイスを求めて一緒に走っていた男性が、犬のフンを踏んでしまいました。

「クソッタレ! Shit!」

彼はそう怒りますが、フォレストは淡々と返事をします。

「人生にはクソッタレなことが起こるんだ。Shit happens.」

(映画「フォレスト・ガンプ」より)

「クソッタレ」という英語を使った名言の解説

上記のシーンで使われている通り、「クソッタレ」は

「shit」

といいます。

その他にも、「damn」「crap」「dump」などの表現が。

さて、この「shit」を使った上記の名言。

「Shit happens.」

は、「どんなに嫌なことや不幸を回避しようとしても、人生にクソッタレなことは絶対起こってしまうもの」という意味です。

受け取り方によっては厭世的に感じてしまうかもしれませんが、

「どんなに嫌でも起こるんだから、受け入れよう」

というのがこのシーンのこのセリフから伝えたいことだと思います。

ちなみ映画では、

この名言を言われた男性が「Shit happens.」のステッカーを作り売り出した・・

が、そのステッカーを貼った車が衝突事故を起こした(文字通り「Shit happens.」)

という風にこのエピソードは終わっています。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ