「やりました!実現しました!」という意味の英語フレーズと宇宙の話し

長い間の努力や苦労のすえ

「とうとうやりました」

「実現しました」

と言いたい時の英語フレーズを、気になるニュースの中で見つけたので解説します!

今日の英語フレーズ 「やりました! We get it!」

Sponsored Link

長いあいだ願い続けてきたことや、努力し続けてきたこと。

それがついに実現できた!という時に使えるフレーズが

「We get it.」

「I get it.」

です。

「get it」は「分かる。理解する。」という意味。

でも同じ「理解する」という意味の「understand」よりも、

「最初は理解するのに困難だったけど、ようやく分かった。」

というニュアンスが含まれます。

なので、長い間悩まされてきた問題に決着がついたとき

「We get it! (I get it.)」

と言います。

「ついにわかった!」宇宙の話し。なんと100年越しの研究のすえ・・

Sponsored Link

このフレーズが心に残ったニュースは何だったかというと、2015年にアメリカの科学者たちがおこなった「重力波・初観測」の会見です。

前に座った科学者の代表の方が、最初に発したセリフが

「We get it.」

ついにやりました。

でした。

とうとう重力波を観測しました。

重力波があることが証明されました。

ということなのですが、「ついに」ってどれくらいの間研究がされていたかというと・・

なんと100年!

最初にアインシュタインが「重力波の存在」について予言してから、100年間。

重力波の観測に挑戦し続けたのだそうです。

目に見えないもの。

本当にあるかどうか分からないもの。

それを「あるはずだ!」と信じて研究し続ける熱意は本当にすごい。

正直言って「重力波が何なのか?観測されたらどんな良いことがあるのか?」はわかりませんが・・

100年間の苦労の末の「We get it.」。

これにものすごく感動して、紹介させていただきました。

☆☆☆

ちなみに2015年に観測されたのを皮切りに、その後アメリカで何度か観測できるようになり、2017年にはヨーロッパでも観測に成功したようです。

この研究成果の飛躍には、設備の進化がもちろん貢献していると思います。

でも私はふと

「突然、芋を洗い出したサルの話し」

を思い出しました。

これは「100匹目の猿現象」(笑)と呼ばれるもので、

ある場所のサルが芋を洗って食べだしたら、その一定量を超えたときに、他の全く違う場所のサルも芋を洗い出す・・

というお話し。

科学的根拠は無いそうですが「どこかで何かが発見されると、他の場所でもぞくぞく見つかる」って、実際によくあるような気がします。

そうなると、「重力波」以外の宇宙の謎もぞくぞく解明されてくるのかもしれませんね。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ