TOEICおすすめ勉強方法をなぜシェアするのか

kanngaeru

これまでTOEICのおすすめ勉強方法や英会話のおすすめ勉強方法についての記事を書かせていただきました。

ある方から「どうしてシェアしたいの?」というご質問をいただいたので、今日はその理由について書かせていただきたいと思います。

日本企業の海外進出は根性論で進んでいる

私は前職で社内教育を担当したことがあります。

「会社のグローバル展開をけん引する人材」育成が私の仕事でした。

その仕事の関わりで多くの企業の方とお会いする機会がありました。そこで分かったことが、多くの日本企業が「海外進出しながら基盤を作っている」という現状でした。

グローバルに働くことが出来る人的リソースが十分でない中で、社員の根性を頼りに無理やり海外進出しているのです。

確かに激しい生き残り競争の中では、そうせざるを得ない企業は多いと思います。

しかし、ここで生み出されるのが「英語や慣れない海外生活でつぶれる社員」でした。

話せない人はつぶれていく

根性で海外進出する企業では、英語を話せない、海外にも行った事が無いような社員も海外勤務させられます。

そんな人たちがつぶれて帰ってきたのを何人も見ました。

ご本人だけでなく、家族の方がうつ病になられるケースも多くありました。

これは全て、英語が話せないこと、外国人との付き合い方を知らないことが原因でした。

TOEIC昇格要件で社員がつぶれ、会社の力は弱くなる

また、TOEICのスコアが昇格要件に入ってきます。

ベテラン社員の多くが英語学習から長く離れた方ばかり。仕事も家庭も忙しい中で、TOEICのスコアを要求され、ストレスを抱えます。

点数を取るための勉強に時間を割き、会社も金銭的な補助をしますが、TOEICの要件がクリアできたところで使える英語は身に付きません。

投資をしてTOEICの点数が取れる社員が増えても、会社が抱える問題は解決していないのです。

また、点数を取れずに昇格をあきらめ、仕事へのやる気を失う社員の方もいます。

優秀な社員が、英語が出来ないという理由だけで要職から外されていくのです。

若手は英語が出来る。だけど・・

近頃では新卒で英語が出来る方が増えているので、会社内に英語が出来る人は増えています。

でも、「英語が出来る」から重宝され、仕事経験が乏しくても重要なポストについてしまうのです。

私がこのブログで伝えたいこと

私は、「仕事が大好きで一生懸命がんばっている人」にこそ、英語を話せるようになってもらいたいです。

英語を使って会社を良くし、日本を良く出来るのは、そんな人だと思うからです。

そのために、私が試行錯誤して得たノウハウや知識は全部伝えたいと思っています。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ