「駄々をこねる」という意味の英語をとなりのトトロのシーンで解説!

「駄々をこねる」は英語でどう表現するのでしょうか?

アニメ「となりのトトロ」英語版のシーンを活用してお伝えします。

今日の英語フレーズ「駄々をこねないで!Don’t be dumb!」

Sponsored Link

(今日の英語フレーズはチャプター15から。お母さんが入院する病院から電報が届いたあと)

「入院中のお母さんがもうすぐ一時退院する」

それを楽しみにしていたサツキとメイ。

ところが病院から電報が届き、お母さんが体調を崩したと知ります。

一時退院も中止になってしまいました。

どうしてもそれが納得できないメイ。

「どうして?」

「どうして?」

とサツキにしつこく食い下がります。

でも辛いのはサツキも一緒なのです。

Don’t be dumb, Mai! メイ、駄々をこねないで!

とうとうサツキもこらえられなくなってしまいました。

スタジオジブリ「となりのトトロ」英語版

「dumb」の解説

Sponsored Link

「dumb」は、「バカ者、まぬけ」という意味の英単語です。

同じバカという意味の単語「stupid」と比較して、身内や友人に向けて使われます。

「be dumb」を直訳すると「バカな振る舞いをする」という意味になりますが・・

子供がするバカな行いの中には、上記のシーンのメイのように

「駄々をこねる」

というものがあります。

なので、「Don’t be dumb.」を「駄々をこねないで」と訳してみました。

間接的ですが、駄々っ子を前にして困る気持ちもよく表されていると思います。

他にも辞書で「駄々をこねる」を調べてみると、以下のような単語が載っています。

to whine

be fretful

act like a baby

などなどです。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ