「胸がドキドキする」という意味の英語表現をトトロ英語版で解説!

「ドキドキする」という意味の英語表現を、となりのトトロ英語版のシーンを活用してお伝えします。

今日の英語フレーズ「胸がドキドキする my heart is still beating so fast」

Sponsored Link

(今日の英語フレーズはチャプター12から。お母さんに手紙を書くサツキ)

雨の中バス停までお父さんを迎えに行った日。

サツキはとうとうトトロに出会うことが出来ました。

嬉しくて嬉しくて、興奮が冷めません。

その気持ちを、入院中のお母さんへ手紙で送ります。

「なかなか眠れません。

胸がまだ、ドキドキしているからです。Cause my heart is still beating so fast.

お母さんはその手紙をベッドで読みながら、サツキがどんなに嬉しかったかを想像します。

そして微笑むのでした。

スタジオジブリ「となりのトトロ」英語版

「胸がドキドキする my heart is beating」の解説

Sponsored Link

上記のサツキのセリフに使われている「beat」

「心臓が打つ、鼓動する」

という意味の英単語です。

「心臓が鼓動する=ドキドキする=my heart is beating」となります。

また「beat」には様々な意味があり、色んなフレーズを作っています。

「beat」を使ったフレーズを、少しみてみましょう!

「beat」を使ったフレーズ

「I’m beat. くたくたに疲れた。」

「beat」を「tired」「exhausted」など「疲れた」の意味で使います。

「Beat it! とっとと失せろ!」

「Go away.」と同じような意味ですが、もっとキツイニュアンスになります。

「足を踏み鳴らせ」という意味から、「走って立ち去れ」=「とっとと失せろ」という意味になったそうです。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ