「挨拶する」の丁寧な英語表現をトトロ英語版で解説!

「挨拶する」を丁寧に言いたいときの英語表現を、となりのトトロ英語版のシーンを活用してお伝えします。

今日の英語フレーズ 「ご挨拶に行こう pay our respects」

Sponsored Link

(今日の英語フレーズはチャプター9から。トトロに会えないメイが泣きべそをかくシーン)

一人お庭で遊んでいて、トトロの穴を発見したメイ。

サツキやお父さんにも教えてあげたいのに、どれだけ探しても再び見つけることが出来ません。

「信じてくれないでしょ。」

と泣きべそをかくメイに、お父さんは優しく言い聞かせます。

トトロの穴が見つからなくても、メイがトトロに会ったのは信じているということ。

それでも、トトロはいつでも会える存在ではないんじゃないかということ。

だって、山の神様だと思うから。

泣き止んだメイに、お父さんはこう提案します。

「We have to go back and pay our respects. 戻って、ご挨拶をしないとな。」

メイもサツキもお父さんの言葉を聞いて、納得しました。

スタジオジブリ「となりのトトロ」英語版

「pay respect ご挨拶をする」の解説

Sponsored Link

「respect」といえば

「尊敬、敬意」

をまず思い浮かべます。

確かに「pay respect」には、「尊敬を表す、敬意を表する」という意味があります。

でも具体的に「尊敬、敬意を表する」ときにする行為として、「挨拶をする」という意味も含まれているのです。

同様に、さまざまな「敬意を表する」行為も、「pay respect」で表現することが出来ます

< ルールに対する敬意 >

pay respect to the speed limit 交通速度を守る

< 亡くなった人への敬意 >

pay my respects to father’s grave 父の墓参りをする

pay our last respects to him 彼の葬儀に出席する

< 取り組むことへの敬意 >

pay a lot of respects to my job 仕事に熱心に取り組み

などなどです^^

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ