英会話フレーズ「supposed to do」を魔女の宅急便で解説!

supposedtodo

このブログでは、アニメ「魔女の宅急便」のシーンを活用して英会話フレーズの使い方を紹介しています。

魔女の宅急便は、簡単な単語を多く使っているのと、日常会話がたくさん出てくるので、英語初心者の勉強にはぴったりの教材です。

今日は「suppose」を使ったフレーズ。

さらりと使えたら、こなれた感じになりますよ!

今日の英会話フレーズ What am I supposed to do?

(今日のフレーズはチャプター12から。キキがパン屋の店番をするシーン)

今日はパン屋で店番です。

でもパン屋のお客さんも来なくて・・

宅急便のお客さんも来なくて。

ひどく退屈です。

このまま宅急便のお客さんが来なかったらどうなるのでしょう?

お客さんが来なければ、お金を稼ぐことが出来ません。

お金を稼げなければ、食料を買うことも出来ません。

毎日ホットケーキばかり食べなきゃいけなくて、そしたらどんどん太っていって・・!

「What am I supposed to do? 私はどうしたらいいの!?」

道を行く楽しそうな人たちが、キキはなんだか羨ましく感じてしまいます。

What am I supposed to do? の意味

「be supposed to do (be)」は、

規則や習慣などによって「そうなるはずだ」と思われていること

を表現する時に使われます。

上記のシーンの「What am I supposed to do?」はこのフレーズを使った定型文で、

「私はどうしたらいいの?」「どうしろっていうの?」

といった意味で使われます。

キキのセリフのように皮肉的に使ったり、悩んでいる時に使ったりすることが出来ます。

他にも、「supposed to do」を使った定型文はこちら↓

  • What’s that supposed to mean? それってどういう意味!?(イライラしたり、反感を持った時に使用)
  • How am I supposed to know? 知らないよ!(どうやって知ることが出来るの!?というニュアンス)

定型文なので、映画のシーンと一緒に使い方を覚えてしまいましょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ