「ちっぽけな存在」という意味の英語をドラマ「Glee」の名曲で解説

「ちっぽけな存在」英語で言うとどんな表現があるのでしょうか?

ドラマ「Glee」でカバーされた曲を用いて解説します!

今日の英語フレーズ「ちっぽけな存在 feeling like a nothing」

Sponsored Link

(今日の英語フレーズはGlee シーズン3のエピソード20より。バカにされ自暴自棄になるパックをビースト先生が励ますシーン)

試験に失敗し留年が確定してしまったパック。

周囲からは馬鹿にされ、「俺はダメなやつだ」と自暴自棄になってしまいます。

そんなパックを励ましたのが、アメフト部の顧問のビースト先生でした。

ビースト先生もちょうどこの頃、パートナーからのDVに悩みながら、パートナーから離れられない自分に不甲斐なさを感じていました。

ビースト先生とパックは、2人でテイラースウィフトの「Mean」を歌います。

You have knocked me off my feet again

あなたはまた私の足元をはらって

Got me feeling like a nothing

全くちっぽけな存在かのように思わせる

2人はそんなみじめな状況から、抜け出すことが出来るのでしょうか。

(Glee, Season 3, Episode 20)

「ちっぽけな存在 feel like a nothing」の解説

Sponsored Link

「ちっぽけな存在」とは、言い換えると

「他に重要で大きなものがあり、それと比べると価値の無い(ように感じる)存在」

のことだと思います。

この長い日本語を的確に表現しているのが「feel like a nothing」という、上記のシーンの曲中のフレーズ。

「自分の力では状況を変えることが出来ない」というような、無力感もただよっています。

☆☆☆

2018年の1月30日に、パックを演じていた俳優のマーク・サリングさんが亡くなりました。

その訃報を聞いた時、真っ先に思い出したのがこの「Mean」を歌ったシーンです。

いろいろな報道がありましたが、パックが亡くなったことはとても悲しいです。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ