「dog days」の意味をドラマ「glee」のシーンで解説!

「dog days」という英語フレーズの意味を、ドラマ「glee」のシーンを活用してお伝えします!

色々な使い方が出来るんですよ。

今日の英語フレーズ「dog days 低調な日々」

(今日の英語フレーズはglee Season 2, Episode 9 “Special Education”から)

グリー部の地区大会が、無事に終わりました。

この大会の直前は、本当にいろいろなことが起こったものです。

カートが転校してしまい、部員が足りなくなり・・

フィンとサンタナとの過去がバレて、レイチェルが荒れたり・・

ティナとアーティーは、ブリトニーとマイクの浮気を疑ったり・・

シュー先生は、エマ先生に距離を置かれてしまう。

でも、そんな最悪な気分も、地区大会の優勝とともに晴れました!

みんなで優勝を祝って歌います。

曲のタイトルはズバリ

“dog days are over” 低調な日々はおしまい

です!

「glee」Season 2, Episode 9より

「dog days」の解説

上記のエピソード内の曲のタイトルにある「dog days」は、

「低調な日々、不振の日々、上手くいかない日々」

という意味で使われています。

でも、「dog days」には他にも色々な意味があるので、以下に紹介します!

その他の意味で使われる「dog days」

・盛夏(北半球の7月初めから8月中頃まで。夏の土用)・・この時期におおいぬ座が昇ることから

・女性の生理期間

このように、「なんとなくやる気が出ない期間」のことを指すことが多そうですね!

☆☆☆

wikipediaによると、暑い時期のことを「dog days」と呼ぶ習慣は古代ローマからあったのだとか!

「暑いのはおおいぬ座のせい」だと考えられていたそうですよ。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ