「運命の人」という意味の英語フレーズをドラマgleeのシーンで解説

「運命の人」というロマンティックな英語フレーズを、ドラマ「glee」のシーンを活用してお伝えします!

今日の英語フレーズ 「You are meant to be. 運命の2人よ。」

(今日の英語フレーズは「glee」season 3, episode 22から。レイチェルとクインが話すシーン)

無事に全国大会で優勝果たしたマッキンリー高校グリー部。

達成感に浸るなか、レイチェルやフィン、クインたちの卒業が近づいてきました。

初めは対立していたレイチェルとクイン。

フィンを巡って恋のライバルだったこともあるけれど・・

今ではお互いを友達だと言えるようになっています。

クインはレイチェルにこう言います。

「You are meant to be. 2人は(レイチェルとフィン)運命だわ。」

そうして、卒業してからも変わらない友情を誓うのでした。

「glee」season 3, episode 22, “goodbye”より

「be meant to」の解説

上記のシーンのクインのセリフに使われている

「be meant to」

というフレーズ。

こちらは

「~するように意味づけられている。運命づけられている」

という意味です。

上記のシーンのように使えば「2人は一緒にいるように運命づけられている」という意味になります。

またこのフレーズ、少し形を変えて・・

「mean to」=「~すると心に決める」

と「自ら運命を決める」フレーズにすることが出来ます。

「I mean to be a star.」

「I mean to be rich.」

など、なりたい自分を宣言する時にも使えるんですよ~

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ