「傷ついた」という意味の英語表現をドラマ「Glee!」のシーンで解説!

ショックなことを言われたりされたりして

「傷ついた」

という時の英語表現を、ドラマ「Glee!」のシーンを活用してお伝えします!

今日の英語フレーズ「俺を傷つけた・・They maimed me・・」

Sponsored Link

(今日の英語フレーズはGlee!Season2, Episode18から)

不良のパックのトレードマークはモヒカン。

でもある日学校へ来たパックを見ると・・

モヒカンが刈られてボウズ頭になっていました!

すれ違う先生や生徒も、みんな呆然です。

パックによると「頭皮に異常がある」と思い病院へ行ったら、

診察のためにお医者さんに頭を刈られてしまったのだとか。

でもそれはただのソバカスで・・

They maimed me over a freaking freckle. ただのソバカスのためにやつらは俺を傷つけたんだ。

モヒカンを失って、パワーを失ってしまったようです。

「Glee!」Season 2, Episode18より

「傷つける maim」の解説

Sponsored Link

「maim」とは、「人の体に重傷を負わせる」「不完全にする、損なう」という意味の英単語(動詞)です。

体の一部が重傷を負ったり、一部を失ったりという意味で使われますが、

「精神的にも傷つけられた」

という意味でも使われます。

「emotionally maimed」

と言えば明確に

「情緒的に傷つけられた・心が傷つけられた」

と言えますが、上記のシーンのように「They maimed me.」と言っても、心が傷ついたことは伝わりますね。

「freaking」の意味

「freaking」はスラングの「fucking」を少しだけ和らげた表現です。

「fucking」だと直情的すぎるのを、「freaking」にするとオブラートに包むことが出来ます。

それでも嫌な人はいるようなので、相手がどう感じるかを考えて使った方がよさそうです。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ